*

将棋の面白さ

対戦ゲームとして将棋をするのは楽しいです。相手に勝ったときには嬉しいですね。しかし、それ以外にもコンピュータ相手にいかに少ない手数で勝てるかを模索するのも楽しいですよ。数学的というのでしょうか。いろいろ考えてみて一番良い手を探すということです。最善手を探すということは奥が深いです。数学の問題を解くということに似ていると思いました。

応えがあってそれを導き出すということは中々面白いですね。もちろん、答えのないことに対して淡々と考えるのも楽しいと思います。勉強はいろいろな種類があるから面白いのですが、その方法も様々です

将棋はそのシンプルなゲーム性にも関わらず、無数の手があります。遊び方は無限大だということですね。昔の人はよくこのような素晴らしいゲームを開発したなあと思いました。簡単なゲームではなく、難しいゲームです。でも奥が深いということですね。黙々と最善手を追求してもいいですし、友人と対決しても楽しいと思います。看護師求人は高待遇の非公開情報看護qz.jp



コメントする