*

有担保のキャッシング審査について

一般のキャッシングの場合、ほとんどのローンは無担保となります。これは信用貸付とも呼ばれており、一度審査を通過してしまえばキャッシング枠内で自由に借り入れが行えます。一方、借り入れの条件として担保の提供が求められるローンを有担保ローンと言います。代表的なローンとしては住宅ローンがその例となります。そもそも担保というのは、借入金の返済が滞った場合を想定して、予め融資した額と同程度の価値のある物を提供してもらうことにより債務の弁済を確保するためのものです。住宅ローンの場合では、融資対象物件を担保とし、同時に抵当権を設定します。これにより、万が一、返済ができなくなった場合には、金融機関が担保物件を競売に出して、その代価から優先的に債権を回収します。このため、有担保ローンの審査では、収入や年齢はもちろん、担保についても融資額に相当する価値のあるものかどうか、また第一順位の抵当権を設定する、などの基準を満たす必要があります。このように担保が必要なローンはこの他にも教育ローンや不動産担保ローンなどがあり、担保を提供している分、無担保ローンに比べると融資限度額が大きい、金利が低い、長期返済が可能というメリットがあります。
こちら(⇒主婦カードローン口コミSK125)のサイトでさらに詳しくみる。



コメントする